Unityのプロジェクトをgitで管理する

Pocket

Unityでゲームを作っている時に、変更履歴などを確認したいため、Unityのプロジェクトをgitでバージョン管理する。

サーバ上にリポジトリ(Remote)を作成する

サーバ上にbareリポジトリを作成する。
本フォルダの下に分類するフォルダを作成し、その下にbareリポジトリを作るものとする。

$mkdir xxx.git
$cd xxx.git
$git init –bare –shared

ローカルPCでクローンを作成する

sourcetreeでのクローン設定では、リポジトリのパスは以下となる。

ssh://[ユーザ名]@[サーバのIP]/home/username/repos/unity/sample_project.git

 

Unityで新規プロジェクトを作成する

プロジェクトをデスクトップに作って中のファイルを先ほどクローンしたフォルダ以下に移動させる。

 

Unity プロジェクトの設定

メニュー「Edit」→「Project Settings」→「Editor」 Inspectorビューの Editor Settings を設定する Version Control の Mode を Visible Meta Files に変更する
Asset Serialization の Mode を Force Text に変更する

 

.gitignoreの設定

SourceTreeの.gitignoreとして以下をコピーする。


/[Ll]ibrary/
/[Tt]emp/
/[Oo]bj/
/[Bb]uild/
/[Bb]uilds/
/Assets/AssetStoreTools*

# Visual Studio 2015 cache directory
/.vs/

# Autogenerated VS/MD/Consulo solution and project files
ExportedObj/
.consulo/
*.csproj
*.unityproj
*.sln
*.suo
*.tmp
*.user
*.userprefs
*.pidb
*.booproj
*.svd
*.pdb

# Unity3D generated meta files
*.pidb.meta

# Unity3D Generated File On Crash Reports
sysinfo.txt

# Builds
*.apk
*.unitypackage

Tagged on: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です